もりもりクリニック(仮称) 電話番号096-XXX-XXXX

家族全員をケアする熊本市のかかりつけ医院

電話
予約
メール
アクセス

訪問診療

火曜日~金曜日13:30~15:30に訪問診療を行っています。

毎月1回もしくは2回定期的な訪問診療を行います。(病状によって月3回以上の訪問をすることもあります)定期的に訪問診療を行っている患者さんは休日や夜間を含めて24時間・365日お電話で相談を受けており、病状によって臨時の往診や病院へのご紹介を行います。

訪問診療の対象となるのは以下の疾患のため通院が困難な患者さんです。これ以外の疾患についても外来通院が難しい場合にはご相談ください。

  • 認知症
  • 脳梗塞・脳出血後遺症
  • 膝・腰などの整形外科疾患で移動が困難
  • 神経難病
  • 重度の心臓病・肺疾患
  • 末期がん

対応している処置・検査

  • 栄養管理:胃瘻・経鼻胃管・中心静脈栄養(IVH)
  • 呼吸管理:在宅酸素療法(HOT)・CPAP
  • 排泄管理:膀胱留置カテーテル(バルーンカテーテル)
  • 疼痛管理:麻薬処方・トリガーポイント注射
  • 在宅検査:血液検査・尿検査・便検査・心電図・超音波検査
  • 医療処置:褥瘡処置・点滴・予防接種
  • 腹膜透析:透析液処方・PDチューブ交換
  • 上記以外の対応については電話・メールでご相談ください

訪問診療開始までのご案内

ご自宅の方:担当のケアマネジャーにご相談ください。介護保険制度をご利用でない方は当クリニックへ電話もしくはメールでご連絡ください。

入院中の方:病院の連携室・相談室へご相談ください。

訪問範囲:当クリニックから車で30分以内の地域に訪問いたします。お気軽にご相談ください。

在宅医療専門医 宣言文

住み慣れた場所で暮らすことで身体活動度の向上、信頼関係の醸成、精神的安定を患者さんは得ることができます。私は通院が困難となった患者さん自身が希望する場所で生活を続けるために、医療者としてだけではなく患者さんの人生の伴走者として全力で支援します。

在宅医療では病院と違ってCT・MRIなどはできませんが問診・診察・超音波検査・採血・薬の処方などは病院と同様に行うことができます。在宅での褥瘡の処置や点滴なども一定の制約はありますが可能です。私は在宅においても質の高い医療を実施できるよう最大限努力します。病院での診療が望ましいと考えられる場合には、患者さん・ご家族と相談の上で病院への紹介を選択肢にお示しします。

人生の最終段階を自宅で過ごすことは多くの患者さんが希望するものです。しかし患者さんとご家族にとって在宅看取りは大きな不安を伴います。私は訪問診療の薬の処方や処置だけでなく、患者さんやご家族の困りごとを伺って一緒に解決法を考えます。病気以外のことも何でもお聞きすることで、心配のない穏やかな人生の最終章をお手伝いします。

在宅療養は介護するご家族にとっても大きな問題となります。利用可能である介護・福祉サービスと緊密に連携することで、ご家族が頑張りすぎないで済むようにします。私はより良いケアの実現のため、患者さん・ご家族に加えて多職種の意見に耳を傾けることができる在宅医となります。

私は優れた地域医療を提供している診療所での研修を通じて医療知識だけではなく、在宅医療が地域の方々の生活を支えている姿に大きな感銘を受けました。在宅医療専門医となった後には次の世代の担い手を育成することが自分の使命であると強く感じています。見学や研修を希望する医師や学生、多職種の方々を積極的に受け入れることで、自分の学んだことを伝えながら新しい学習者の視点からの意見を受けて私自身を持続的に成長できるようにします。

PAGE TOP